to Yushun

競馬歴1年未満の初心者が第85回日本ダービー制覇を目指す2015年生まれの馬を追いかけるブログ。古馬も書きます。

2017/07/02 函館1R カシアス


2017/07/01 函館1R 2歳未勝利【カシアス】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

新馬戦は2着でしたが、注目の1頭であるカシアスが函館開催初日の1Rに登場。初めての未勝利戦でしたがここは余裕勝ちをしてほしいところでした。

スタートはそこそこ。道中は好位で追走して4角で最内から先頭2頭の間を割って直線へ。そこからはちょっと追って、あとは持ったまま、3馬身ちょっとの差をつけてゴールイン。他馬とは力が違いました。

 

このレースは1200mで、父キンシャサノキセキ高松宮記念(2-1-0-0)ということで、やはりマイルカップあたりで注目の一頭ですね。とりあえずしばらくは2歳重賞など、注目したいことろです。

2017/06/18 函館5R 2歳新馬


2017/06/18 函館5R 2歳新馬【ナンヨープランタン】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

北海道開催、函館競馬場での新馬戦です。

1200mですが取り上げました。勝ち馬はルーラーシップ産駒のナンヨープランタン。このレースでは4番人気でした。

 

ナンヨープランタンのスタートは良いものでした。しかしその後追っ付けに応えず、じわじわと後方へ。キンシャサノキセキ産駒のカシアスがは何。この馬も人気はあまりなく、6番人気でした。

1200m戦なので、ダービーというよりも皐月賞NHKマイルカップを目指すような馬ではあるかもしれません。しかし、直線でのナンヨープランタンの差し脚は取り上げるに値するものでしたし、カシアスの粘りも見事でした。

タイムも、函館新馬1200mの平均タイムより1秒早い1:09.8。これは優秀なタイムだと思われますから、今後も動向に注目していきたいですね。

 

2017/06/11 阪神5R 2歳新馬 アイアンクロー


2017/06/11 阪神5R 2歳新馬【アイアンクロー】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

6月の第2週、土曜日に阪神で行われた新馬戦。

こちらは阪神芝1200mで、短い距離です。

1番人気はコーディエライト(父ダイワメジャー)、2番人気にアイアンクロー(父アドマイヤムーン)が推されました。

 

上位人気2頭はまずまずのスタート。ハナ争いはすぐに落ち着いて、ナムラバンザイ(国分優、父ヨハネスブルク)がハナ。

コーナーではアイアンクロー鞍上福永ジョッキーが経済コースを進行。直線に入るとのこり2ハロンくらいから逃げるナムラバンザイを差してゴール。2着にナムラバンザイ、3着は1番人気のコーディエライトでした。タイムは1:10.3。

 

このレースはタイムだけをみると平均より少し早いくらいです。ただし、勝ったアイアンクローは上がり3Fで34.3の足を使っています。これは平均より0.6秒早い数字です。

経済コースを走っていて、他の馬よりも脚を溜めているので、勝ったことは当然といえば当然ですが、終いの脚がいい数字であるように思います。

この馬も、注目していきたいですね。

 

レースタイムは以下のページを参考にしました。

www.keibalab.jp

2017/06/11 東京5R 2歳新馬


2017/06/11 東京5R 2歳新馬【ジナンボー】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

この土日は学園祭があり、なかなか競馬に集中できませんでした。

そんななか、日曜日の東京では、注目の新馬がデビュー。名前はジナンボー。父ディープインパクト、母アパパネと両親ともに3冠馬という超良血馬です。

ジナンボーにはモクレレという全兄がいますが、こちらも今年の2月にデビューを果たしました。(結果は6着)

 

レースでは1番人気に推されました。

スタートは良く、直後からハナを争います。が、鞍上デムーロジョッキーはペースが速くなるとみたか、ハナは奪わずに2番手で競馬を進めます。

特別なことは起こらず直線へ。すこし内ラチから離れてレースが展開されていきます。ジナンボーは直線半ハロン走ったくらいで先頭へ。そこからノーステッキでゴールまで流れ、1着。2着には10番人気だった丸田騎手鞍上のダンシングチコ(父ダイワメジャー)が入りました。

2番人気だったのはエイシンフラッシュ産駒のコスモイグナーツ。しかし結果は掲示板外でした。エイシンフラッシュ産駒は今年が初出走ですが、いまだに1勝もしていません。

ジナンボーのゴールタイムは1:49.9で、東京芝1800mの2歳新馬レース平均より1.5秒ほど早いといった結果になりました。ただ、ノーステッキだったし、直線はお客さんの方を見たりしていたので、まだまだ速く走ることができます。

兄は新馬戦を勝つことができませんでしたが、弟は順調に勝ち上がりました。時計も良く、これからに注目ですね。

 

レースタイムは以下のページを参考にしました。

www.keibalab.jp

 

2017/06/04 東京5R 2歳新馬


2017/06/04 東京5R 2歳新馬【ステルヴィオ】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

東京芝1600mで行われた新馬戦。1番人気はディープインパクト産駒サトノオンリーワン。1億越えの高額馬で、安田記念のために来日しているモレイラジョッキーが騎乗しました。池江厩舎ではなく、堀厩舎の所属です。

2番人気は、新種牡馬ロードカナロア産駒のステルヴィオロードカナロアキングカメハメハ産駒で、岩田ジョッキーを背にスプリントとマイルを無双した名馬です。香港のレースでも勝っており、世界的な馬です。

 

レースは好スタートを切ったスプリングマンがハナに立つものの、ハヤブサレジェンドなどがハナを奪いに行きます。先頭集団のすぐ後ろに2番人気のステルヴィオ。1番人気サトノオンリーワンは中段の内にポジションを取りました。

 

直線では200mを切ったところでステルヴィオが先頭へ。その後ろに先頭集団にいたスプリングマンと、経済コースをまわったサトノオンリーワンがつけます。4番手以降の馬はここで脱落。前3頭で1着を争います。ちなみにスプリングマンは、こちらも新種牡馬ローズキングダムの産駒。ジョッキーはアルアイン皐月賞を勝った松山ジョッキー。まるでボンセルヴィーソに乗っているかのような先行逃げ切りを計りましたが、ステルヴィオがキレの違いを見せつけて差を広げて行きます。ディープ産駒のプライドか、サトノオンリーワンも内からスプリングマンを交わして2番手。結局そのままゴール板を駆け抜けました。1着はステルヴィオ種牡馬ロードカナロアは、サイアーとして初勝利を飾りました。

 

タイムはこちらを参考にしました。

www.keibalab.jp

タイムは1:34.8、上がり3Fはステルヴィオが34.2で最速。

これはどちらも好時計。ステルヴィオはだいぶ期待できるかもしれません。

3着のスプリングマン、最初の3Fは平均より少し早いペースでしたが、脱落していく先行馬を尻目に粘り切って4着以下と大差の3着。新馬勝ちとはいかなかったものの、この馬はこの先も追っていこうと思います。

 

ステルヴィオ、スプリングマンと、楽しみな馬に出会いました。

次のレースが楽しみですね。

 

ステルヴィオと関係者の皆様、おめでとうございました。

2017/06/03 阪神5R 2歳新馬


2017/06/03 阪神5R 2歳新馬【ケイアイノーテック】

 

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

こちらは関西の第1回新馬戦。

私のPOG指名第1号、ハーツクライ産駒のアメイジングセンスが武豊騎手騎乗でデビューです。

1番人気にはディープインパクト産駒のケイアイノーテックが推されました。

 

スタート後、ケイアイノーテックを含めた3頭でハナを争いますが、ケイアイノーテックはハナを譲りました。最終的に3番手を追走。アメイジングセンスは後方から3頭目くらいは追走します。

 

直線、ケイアイノーテックは素人目で見ても走りが柔らかいです。これがディープインパクトの血なんですかね。

アメイジングセンスは後方追い込みを選択。しかし前を捉える気配はまったくなく、豊ジョッキーも強く追うこともなく。ただ絶望的な感じでもないので、これからの活躍に期待したいですね。

 

 

タイムは以下の記事を参考

www.keibalab.jp

結局、ケイアイノーテックが2馬身差をつけて新馬勝ち。タイムは1:36.8、上がり3Fは33.5で、タイムは平均より0.3秒早く、上がり3Fは0.9秒も早いという結果に。

新馬戦の経験がほとんどないので確定的なことは言えませんが、とても良いタイムなのではないでしょうか。さすがディープ産駒ですね。

 

...と言いたいところでしたが、第83回のダービー馬、マカヒキ新馬戦を調べてみると、

2歳新馬|2015年10月18日 | 競馬データベース - netkeiba.com

なんと、平均より3秒近く早いという結果が!!

距離もコースも、デビューの時期も違うので単純に比較することはできませんが、マカヒキってやっぱりすごかっt...すごいんですね。

ただ、ケイアイノーテックもいい感じに走っていたと思います。ムチもほとんど入ってませんですしね。ここで猛烈に追う意味もないのかなと思います。

 

とにかく、次のレースが楽しみな1頭です。

ケイアイノーテックと関係者の皆様、おめでとうございました。

 

2017/06/03 東京5R 2歳新馬


2017/06/03 東京5R 2歳新馬【ヴィオトポス】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

第84回日本ダービーを目指す2015年生まれのサラブレッドによる第1回新馬戦。東京の芝1400mで行われました。
1番人気はダイワメジャー産駒のファーマメント。
それに続いて、マツリダゴッホ産駒のヴィオトポス、それにファーマメントと同じダイワメジャー産駒のブショウなどが人気に推されました。

スタートすると、ファーマメントは好位のうしろあたりを追走。人気の他2頭は後方を追走。 直線に入ると、ファーマメントは内よりに。他の2頭は外から追い込みます。

ファーマメントはいい感じで追走していましたが、そのファーマメントをヴィオトポスがアタマほど先行。ブショウはヴィオトポスの外を追走します。
ファーマメントはヴィオトポスを追いかけますが、ヴィオトポスはなかなかいい手応え。
直線は右に左にくねくねとしていましたが、結果的に上がり最速34.8の脚で差し切り。2番手には追っていたブショウが同じく上がり最速で2着。
1番人気に推されたファーマメントは伸びきれず7着でした。

競馬初心者です。タイムは以下の記事を参考にしました。

umawin.com

レースのタイムは1:23.3。前半3Fは35.6でやや速めのペース。ただし上がり最速は平均よりも0.2秒遅いですね。
ただ、勝ち馬のヴィオトポスは右に左にとだいぶコースロスしていました。この時期の2歳はまだまだ未熟なんだなと思わされるレースでしたね。
とはいえ、めでたく新馬勝ちです。個人的にダイワメジャー産駒は、NHKマイルカップあたりで当然狙いたいので、今からがっつり注目していきたいですね。

ヴィオトポスとヴィオトポスの関係者の皆様、おめでとうございました。