to Yushun

競馬歴1年未満の初心者が第85回日本ダービー制覇を目指す2015年生まれの馬を追いかけるブログ。古馬も書きます。

2017/06/04 東京5R 2歳新馬


2017/06/04 東京5R 2歳新馬【ステルヴィオ】

レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

東京芝1600mで行われた新馬戦。1番人気はディープインパクト産駒サトノオンリーワン。1億越えの高額馬で、安田記念のために来日しているモレイラジョッキーが騎乗しました。池江厩舎ではなく、堀厩舎の所属です。

2番人気は、新種牡馬ロードカナロア産駒のステルヴィオロードカナロアキングカメハメハ産駒で、岩田ジョッキーを背にスプリントとマイルを無双した名馬です。香港のレースでも勝っており、世界的な馬です。

 

レースは好スタートを切ったスプリングマンがハナに立つものの、ハヤブサレジェンドなどがハナを奪いに行きます。先頭集団のすぐ後ろに2番人気のステルヴィオ。1番人気サトノオンリーワンは中段の内にポジションを取りました。

 

直線では200mを切ったところでステルヴィオが先頭へ。その後ろに先頭集団にいたスプリングマンと、経済コースをまわったサトノオンリーワンがつけます。4番手以降の馬はここで脱落。前3頭で1着を争います。ちなみにスプリングマンは、こちらも新種牡馬ローズキングダムの産駒。ジョッキーはアルアイン皐月賞を勝った松山ジョッキー。まるでボンセルヴィーソに乗っているかのような先行逃げ切りを計りましたが、ステルヴィオがキレの違いを見せつけて差を広げて行きます。ディープ産駒のプライドか、サトノオンリーワンも内からスプリングマンを交わして2番手。結局そのままゴール板を駆け抜けました。1着はステルヴィオ種牡馬ロードカナロアは、サイアーとして初勝利を飾りました。

 

タイムはこちらを参考にしました。

www.keibalab.jp

タイムは1:34.8、上がり3Fはステルヴィオが34.2で最速。

これはどちらも好時計。ステルヴィオはだいぶ期待できるかもしれません。

3着のスプリングマン、最初の3Fは平均より少し早いペースでしたが、脱落していく先行馬を尻目に粘り切って4着以下と大差の3着。新馬勝ちとはいかなかったものの、この馬はこの先も追っていこうと思います。

 

ステルヴィオ、スプリングマンと、楽しみな馬に出会いました。

次のレースが楽しみですね。

 

ステルヴィオと関係者の皆様、おめでとうございました。